VW ABS タグの記事一覧 | ABS修理のお店Jスクエア

アーカイブ : 「VW ABS 」タグ

VW ゴルフ ABS修理 安く修理する最善の方法とは?

VW ゴルフヴァリアントABS修理 診断編 VW ゴルフABS修理でご来店していただきました。ディーラーさんからの紹介していただき入庫です。 入力されていた故障コードです。 01276 ABSハイドロポンプ 16349 ABS ECU故障 01130 ABS作動あてはまらない信号 このコードが入力されていると基盤の部分は交換での対応になります。


VW ゴルフABSユニット修理 01486 システム機能点検実行のコードは面倒 

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています VW ゴルフ ABS修理でご来店していただきました。 今回は新品部品を使用するので前もってコーディングデーターを抜いておきます。 コーディングが必要な時は、全てのユニットのコーディングデーターをぬきとり、お客様毎に保存しているので何かあった時すぐ対応できます。 コーディングがされていないとこのようなエラーコードが入力されます。 ブレーキプレッシャーの項目を設定しています。 ブレーキの踏む力を数値化して設定をしています。 ここでVW純正診断機VASから汎用機のマキシシスにチェンジしてコーディングします。 特に意味はありませんが一番効率の良い、早い設定方法を探しているためです。 ステアリングアングルセンサーの設定をします。 グレード、モデル、などによって項目を選びます。 基本調整の時はアクセスキーを入力してログインすれば、調整ができるようになります。 01486 システム機能点検実行 このエラーが入ってしまうと、ハンドルを90度以上切って30キロぐらいのスピードで旋回しなくてはなりません。 夜9時を回っていたのですが、お客様と一緒に都筑インターで設定をしました。


VW トゥーラン ESPランプ点灯 緊急修理 2018-8-2

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています VW トゥーラン ESPランプ点灯修理でご来店していただきました。 午後の修理も済ませ、バイクのオイル交換をしていると電話がありました。 『これから行くので修理お願いできますか?』 4時からのスタートですが、3時間もあればなんとかできます。 お客様が明日車検場に持ち込む予定でランプが点灯していたので緊急のご依頼でした。 ABSユニットの場所はバッテリーの後ろあたりにあります。 まずバッテリーを外します。 バッテリーステーを外すとアクセスしやすいです。 こちらがリペアするABSユニットです。 工場内は35度ぐらいなのですが、エンジンルーム内は40~50度ぐらいあるのでやばいです。 待ちの作業ですので、冷ますまで待ってるわけにはいかないので我慢です!! 入力されていたコードがこちら 01435 ブレーキプレッシャーセンダー電気的故障 こちらがプレッシャセンサーです。 交換します。 続いて基盤部分を交換します。 コンデンサー、トランジスターなどを交換します。 作業終了間近に床を見ると、エンジンオイルが垂れていました。『やばっ』 最近お客様ご自身でエンジンオイルを交換したそうでドレーンボルトが締まっていませんでした。 クランクシャフト周りも若干にじみがあったのですが、オイルドレーンを規定トルクで締め付けて、漏れてこなかったのでおそらくドレーンからです。 ボルトが外れたら大変でした。 最後にサービスで、車検に携わる下回りを重点的に点検してあげて報告しました。 3時間あれば緊急作業もできます。車検に落ちた当日の修理もOK!! 今回はお客様がユーザー車検を控えての緊急の対応でした。 弊社から神奈川県陸運局まで、100mの距離なのでABSランプ点灯で車検に落ちたお客様が来店するケースも多いです。 緊急で3時間ほどで修理完了するので、車検に受かるようなんとかします。 もちろん弊社車検整備事業も運営しておりますので、同時ご依頼も喜んでお受けいたします。 BMW車検センター→https://bmw-jsquare.com/


VW ゴルフ GTI ABS修理 山形県からご来店

山形県からVW ABS修理でご来店していただきました。 ABSランプが点灯していました。 汎用機を使用します。 OBDの差込口は灰皿の左のところにあります。 VWを選択します。 ディーラー診断機VASの場合は、車体番号を打ち込まないといけないので故障コードを調べるだけの時は、こちらの汎用機を使用します。 入力されていた故障コードがこちら 01276 ABSハイドロポンプV64


VW ゴルフ ABSユニット修理 リコール対象外の車両でECU交換 VWディーラー価格より大幅コストダウンできました

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています VW ゴルフABS修理でご来店していただきました。 今回の車両はリコール対象外でしたので、基盤部分は交換での対応になります。 入力されていたVW ABS故障コードです。 16349 ECU故障 01130 ABS作動当てはまらない信号 01276 ABSハイドロリックポンプ(V64)故障  基盤を新品にするので、コーディングデーターを抽出する作業をします。 ABSユニットを取り外します。 バッテリーの後ろあたりにあります。 バッテリー、とステーを外します。 電源カプラーを外します。 固い場合はドライバーなどでこじります。 続いてブレーキの配管を外します。 フレアーナットレンチを使います。 ブレーキパイプを緩めると多少ブレーキオイルが出てしまうので、カプラーは上の方に固定させておくか、ビニール袋に入れて濡れないようにします。 黒い部分がABSユニットの基盤です。 この部品を新品に交換します。 電磁コイルが当たる部分、ポンプの部分のシャフトについている黒い丸いシール12個を新品に交換します。 VWディーラー診断機 VASを使ってコーディングをします。 設定画面になります。アクセス権を入力してあげます。 こちらの入力画面で、アクセス権の数値を入力して解除します。


ゴルフ GTI ABS修理 埼玉県からご来店です

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています ゴルフ GTI ABS修理で埼玉県からご来店して頂きました。 点灯していた故障ランプがこちらです。 ABS ESP タイヤ空気圧警告ランプ サイドブレーキ警告ランプ 故障コードがこちら 01276 ABSハイドロリックポンプ(V64) 回路の電気的故障


VW ABS修理 アウディ TTABS修理

VWゴルフABS修理でご来店です。 点灯していたランプはESPのランプです。 故障コードがこちら 01435  ブレーキプレッシャーセンダー1(G201)回路の電気的故障 プレッシャーセンサーはポンプ内部に組み込まれているために、ポンプ部分の新品交換になります。対策として基盤部分を O/Hで対応します。 続いてアウディTT ABS修理でご来店です。 エアクリーナーボックスを外すとABSユニットにアクセスができます。 こちらのユニットは機械的な部分、基盤の部分と全てO/Hで対応できます。


VW シロッコ ABS修理の紹介 リコール作業だけではABSは治らない??

VW シロッコ ABS修理で販売店様からのご依頼 点灯していた故障ランプがこちらです。 今年の2月から法改正でランプ類の点灯している車は車検に通らなくなりました。 ブレーキ系統の故障診断をしていきます。 入力されていた故障コードです。 01276 ABSハイドロポンプV64→ポンプの故障O/Hで対応 01130 ABS作動当てはまらない信号→基盤交換(リコール対象) 今回の車両は基盤部分がリコール対象だったので、ポンプの部分だけO/Hします。


VW ジェッタ ABS修理 リコール作業後にご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています VW ジェッタ ABS修理でご来店です。 今回ABS基盤部分のリコールがメーカーから提出されており、VW ディーラーさんで作業後にご来店していただきました。 点灯していたランプです。 ABSの場所はバッテリーステーの下あたりについているので、バッテリーとステーをまず外します。 ABSユニットが見えてきました。 ここまで外せばABSの脱着は楽になります。 弊社では作業後に白ペンキでタッチアップをします。 リコールで脱着した時は黄色いタッチアップを指定することが多いです。 今回リコールになっているコントロールモジュール部分のトルクスネジにも黄色くタッチアップペイントしてありました。 さすがにこの辺は徹底されています。


国土交通省からABSのリコールが出ています

ABSのリコールが出ていることが判明したのでお知らせいたします。 国土交通省リコール対照表 こちらのリンクから、2月28日提出されたリコールをご確認ください。 アウディ、VWの一部車両でICチップの不具合があることをメーカーから提出されています。 提出書類から抜粋 制動装置において、ABS/ESCコントロールユニットの耐久性の評価が不十分なため、エンジン熱等により、基盤に組み付けられたICチップ(パワーコントロールユニット) に亀裂が生じることがある。 そのため、そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進展し、ICチップへの電源供給が断たれ、警告灯が点灯するとともに、ABSおよび、ESC(横滑り防止装置)が作動しないおそれがある。 丸で囲った部分が今回のリコール対象部品 ABSユニットASSYではなくて基盤の部分のみのリコールで弊社で修理している基盤とアクチュエータ(機械的部分)のリコールでは対象外となっており、リコールでABSユニット部分を交換してもABS,ESPが正常に作動しない場合があります。 その場合は弊社で修理する方法もしくは、通常の40万ほどのABSユニットASSYを交換するしかありません。 ただいま弊社ではVW,アウディディーラーさんと交渉しておりリコール対象である基盤の部分の交換で治らないお車の場合に弊社で郵送して作業できるか確認中です。 今の所メーカーさんの回答では、『リコール作業と別なものを一緒にすることはできない』 『リコール作業後にお客様がご自身で対応するしかない』との回答をいただいています。 リコール対象のお客様は弊社にご相談していただければとおもいます。最善の方法で対応させていただきます。 ”注意” リコール自体はディーラーさんの作業です 弊社では作業できません


 
お支払いについて
お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換・がご利用いただけます。
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせ先
ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
電話受付時間 AM 10:00~PM 19:00
ABSユニット修理のお店 Jスクエア 
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601

店舗連絡先: 045-511-7418 FAX 045-511-7419
      神奈川県公安委員会 弟451340002968号
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
配送について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。

ご注文確認(前払いご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。
[時間指定]
下記、各時間帯からご選択いただけます。

電子部品修理 送付先

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
株式会社 Jスクエア
個人情報の厳守
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
またカード決済はSSLに対応しておりますのでクレジットカードの
ナンバーなどは暗号化して送信されます。安心してお買い物をお楽しみください。


トップページ会社紹介特定商取引法表示個人情報保護ポリシーお問い合わせ

▲Page Top