ABS修理の紹介 | ABS修理のお店Jスクエア

BMW E85 Z4 ABS修理 長野県からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW Z4 ABS修理

BMW Z4 ABS修理で長野県からご来店していただきました。

故障コードかこちら
5DF0 ポンプモーター
5DF1 ポンプモーターコネクター

Z4のABSを外す時はタイヤハウスから下に抜きとります。
まずはタイヤハウスを外す準備でフェンダーに保護テープを貼ります。

続きを読む »


R35 GTR VDCユニット修理 埼玉県からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

GTR VDCユニット修理

GTR VDCユニット修理で埼玉県からご来店していただきました。

R35 GTR診断編

点灯していた故障ランプ
VDC
ABS
サイドブレーキ
タイヤ空気圧警告

続きを読む »


BMW E85 Z4 DSC修理 埼玉県からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW Z4 ABS修理

BMW Z4 ABS修理でご来店していただきました。
埼玉県からのご来店です。

点灯していた故障ランプです。
ABS
DSC
サイドブレーキランプなどが点灯していました。

続きを読む »


アウディ A3 ABS修理 2018/9/4

アウディ A3 ABS修理でディーラーさんのお見積もりでびっくり

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

ABSユニット取り外し編

アウディ ABS修理

アウディ ABS修理でご来店していただきました。
お見積もりが約40万『なんとかなりませんか〜』とお電話いただきました。

バッテリーを外し、バッテリーステートカバーを外すと、、、

今回修理するABSにアクセスできます。

修理するABSユニットです。

今回基盤部分は修理で対応できず、ABSポンプはオーバホールが可能でした。
リペアキットコントロールユニットを新品に交換します。
VW,AUDI,BMWのABSユニットの新品はほぼ在庫しているので何かあっても即対応できます。

続きを読む »


R35 GTR ABS VDCユニット修理 2018/8/25 埼玉県からご来店

R35 GTR ABS VDCユニット修理の紹介 埼玉県からご来店で即日対応!!

GTR ABS VDCユニット修理で埼玉県からご来店していただきました。

診断工程

ABS VDCユニット修理でご来店していただいた時はまず車両情報を入力する作業から始まりますので車検証を用意していただくことになります。
そのあとに、診断機で故障箇所を断定していく作業に入ります。

ABS VDCユニットが故障すると点灯するランプです

ABS VDC サイドブレーキ タイヤ空気圧 ボンネットダンパー

ABS VDCユニット取り外し工程

ABSユニットの場所がこちら、運転席の前あたりこのカバーを外すと、、、

ABS VDCユニットが出てきました。こちらを取り外します。

R35 GTRのABSユニットを取り外す時は、ブレーキマスターシリンダー側のブレーキパイプを取り外して取り外す空間を作ると作業がしやすいです。

ブレーキマスターシリンダー側のパイプは比較的緩みやすくつけるときも楽なのですが、ABSユニット側のパイプの取り外しが難しいので取り付ける時は、ABSユニット側のパイプをねじ込んでからそのあとブレーキマスター側をつけると作業がスムーズに進みます。

続きを読む »


BMW E87 130i ABS修理 スピードセンサー全て交換

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E87 130i ABS修理

BMW E87 130i ABS修理でご来店していた来ました。
ディーラーさんでお見積もり後、金額が30万を超えて弊社に駆けつけていただきました。

点灯していた故障ランプがこちらになります。

ABS
DSC
タイヤ空気圧ランプ

センターパネルにはタイヤ空気圧警告ランプが点灯していました。

運転席前のこちらのABSユニットを外します。

取り外したところです。
こちらを修理します。

故障コードにスピードセンサーが入力されていました。
こちらのセンサーも同時期によく壊れます。

今回はまとめて4個交換をご依頼していただきました。
どうせ壊れるなら長く乗るので早めに交換とのことです。

同時に4つ全て交換のご依頼の場合は交換工賃1箇所のみでお得!

ABSは点灯しなく、DSCランプだけ点灯の場合の故障勘所

ABSユニットの故障の場合は、ABS,DSC,タイヤ空気圧と色々なランプが同時に点灯します。
DSC(三角に!マーク)だけ点灯の場合は、舵角センサーの不具合のケースが多いです。
ハンドルの切れ角を見ているセンサーです。
ウインカーが自動に戻らなくなる症状も出るのでその場合は舵角センサーで間違い無いでしょう!!


BMW E93 ABSランプ点灯修理 スピードセンサー回路か??

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E93 ABS

BMW E93 ABSランプ点灯で修理依頼です。

左フロントスピードセンサーの故障コードが入力されていました。
ご依頼していただいた修理工場さんが新品のスピードセンサーに交換しても同じ故障コードが入力されているとのことでした。
そうなると次に基盤を疑うのですが、弊社でも一応純正新品のスピードセンサーを取り付けてリセットしてみたのですが、同じくフロント左の故障ランプが、、、、

ABSユニットを外し、基盤をチェックしていきます。

コンデンサーを交換するときはこちらの挟み込みタイプのはんだごてを使います。
これを使用すると片方ずつハンダを溶かして外す方法より確実に外せます。
しかも両方いっぺんに外してしまうので、基盤の土台の剥がれなどの致命傷を防ぐことができるので基盤修正には必須です。

こんな感じで挟み込んで使います。

こちらは10年前後でパンクしてしまう電解コンデンサーです。
この部品は正常であっても、いつ壊れるかわからないので弊社では正常値を示していても全て新品に交換して今後壊れないように対策しています。

電解コンデンサーは10年前後で寿命が来てしまうのですが、画像の赤い色の部品はセラミックコンデンサーでこの部品はほとんど壊れることはありません。

今回の故障は、ABSユニット内部のスピードセンサー回路の部品が壊れたのが原因でした。

ABSセンサーか基盤か、判断方法とは

弊社に入庫してくるお車はディーラ診断機によって故障箇所が断定できます。
稀に、今回の事例のような場合もありますが、
①本体の故障(ABSユニット)
②本体までの配線、カプラー
③ユニットに情報を送るセンサー類 (スピードセンサー等)

大きく分けると上記の故障箇所になります。
弊社は基盤の修理を専門に扱っているので、①のケースだと基盤を直接開けて判断するので比較的すぐ判断できます。
修理工場でもあるので、③のケースの場合もセンサー類の抵抗値を測定すればすぐ判断ができます。
②のケースが一番時間がかかり、各ユニットと分岐している本体のECU等の故障のケースもあるので例えばABSの故障履歴があっても、 ECU,ミッションユニットなどの不具合でABSランプが点灯するケースもあり得るので一番時間がかかるところになります。


VW トゥーラン ESPランプ点灯 緊急修理 2018-8-2

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

VW トゥーラン ESPランプ点灯修理でご来店していただきました。

午後の修理も済ませ、バイクのオイル交換をしていると電話がありました。
『これから行くので修理お願いできますか?』
4時からのスタートですが、3時間もあればなんとかできます。

お客様が明日車検場に持ち込む予定でランプが点灯していたので緊急のご依頼でした。

ABSユニットの場所はバッテリーの後ろあたりにあります。
まずバッテリーを外します。

バッテリーステーを外すとアクセスしやすいです。

VW ABSユニット

こちらがリペアするABSユニットです。

工場内は35度ぐらいなのですが、エンジンルーム内は40~50度ぐらいあるのでやばいです。
待ちの作業ですので、冷ますまで待ってるわけにはいかないので我慢です!!

入力されていたコードがこちら

01435 ブレーキプレッシャーセンダー電気的故障

こちらがプレッシャセンサーです。
交換します。

続いて基盤部分を交換します。
コンデンサー、トランジスターなどを交換します。

作業終了間近に床を見ると、エンジンオイルが垂れていました。『やばっ』

最近お客様ご自身でエンジンオイルを交換したそうでドレーンボルトが締まっていませんでした。
クランクシャフト周りも若干にじみがあったのですが、オイルドレーンを規定トルクで締め付けて、漏れてこなかったのでおそらくドレーンからです。
ボルトが外れたら大変でした。
最後にサービスで、車検に携わる下回りを重点的に点検してあげて報告しました。

3時間あれば緊急作業もできます。車検に落ちた当日の修理もOK!!

今回はお客様がユーザー車検を控えての緊急の対応でした。
弊社から神奈川県陸運局まで、100mの距離なのでABSランプ点灯で車検に落ちたお客様が来店するケースも多いです。
緊急で3時間ほどで修理完了するので、車検に受かるようなんとかします。
もちろん弊社車検整備事業も運営しておりますので、同時ご依頼も喜んでお受けいたします。
BMW車検センター→https://bmw-jsquare.com/


BMW E87 130i DSCランプ点灯修理 名古屋からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E87 130i DSCランプ点灯でご来店していただきました。

ABSランプは点灯してなく、DSCランプだけ点灯の場合は舵角センサーの不具合のケースが多いです。
今回のお車も舵角センサーの交換作業です。

丸い円盤の部分を交換します。

交換完了です。丸い円盤の部分と透明の部品で受光部の部分を交換します。

組み終わりました。こちらを元に戻します。

本日2台目E90の舵角センサー交換です。
夏場は、この故障が多くなります。

同じく丸い円盤の部分と、受光部の部品を交換します。

交換後はハンドルを読み取っているか(ハンドルを動かして数値の変化を見る)などをチェックして、セットアップして終了です。

DSCランプだけの点灯は舵角センサーのケースが多い

ABSは点灯しなくて、DSCランプだけ点灯の場合は舵角センサーの故障が多いです。ほとんどがリペアキットで対応できますが、中にはSZL本体ごとの交換のケースがあります。
しかし、リペアキットの部品の値段が数千円なので、まずはリペアキットの交換をして見ることをお勧めしています。


BMW Z4 ABS修理 埼玉県からご来店 

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW Z4 ABS修理で埼玉県からご来店していただきました。

BMW Z4のABSユニットはブレーキリザーバータンクの下の方についているためにブレーキオイルを4輪から全て抜き取る作業が必要です。

ABSユニットを取り外す時はタイヤハウスから抜き取るので、フェンダーを傷つけないようにテープで保護をします。

取り外しができました。
こちらをオーバーホールします。

続きを読む »


 
お支払いについて
お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換・がご利用いただけます。
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせ先
ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
電話受付時間 AM 10:00~PM 19:00
ABSユニット修理のお店 Jスクエア 
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601

店舗連絡先: 045-511-7418 FAX 045-511-7419
      神奈川県公安委員会 弟451340002968号
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
配送について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。

ご注文確認(前払いご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。
[時間指定]
下記、各時間帯からご選択いただけます。

電子部品修理 送付先

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
株式会社 Jスクエア
個人情報の厳守
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
またカード決済はSSLに対応しておりますのでクレジットカードの
ナンバーなどは暗号化して送信されます。安心してお買い物をお楽しみください。


トップページ会社紹介特定商取引法表示個人情報保護ポリシーお問い合わせ

▲Page Top