ABS修理の紹介 | ABS修理のお店Jスクエア

スバル レガシーABS修理 2018/5/21

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

スバルレガシーABS修理

スバルレガシーABS修理でご入庫していただきました。

スバルの場合は汎用機のオーテルを使用します。

ABSユニットの不具合とパーキングブレーキの不具合が入力されています。
パーキングブレーキ系統の故障はABSに付随しているもので、ABSの修理で改善されます。

C0052 モーターの異常コードが入力されていました。

こちらはいろいろな設定をする画面です。
ABSの故障でオートマの初期設定をする場合はここの項目を使います。

弊社輸入車がメインなので、この絵が出てくると懐かしい感が出ます。
輸入車はスタットボルトなので、、、

レガシーのABSの場合はマスターシリンダーリザーブタンク内のブレーキオイルを抜けばブレーキの配管を外してもあまり垂れません。

こちらが修理するABSユニットです。ブレーキマスターとリザーブタンク,ABSのステーの形状からR35GTRのABSユニットと似ています。

こちらは取り外したところになります。
ほぼブレーキオイルは垂れてきませんが、一応ウエスを引いておいた方がよいでしょう!!!


アウディ TT ABSユニット修理 201/5/18

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

アウディ TT ABS修理

アウディ TT ABS修理でご来店していただきました。

VAS

アウディディーラー診断機 VASを使います。

ブレーキシステムの箇所だけ赤く異常になっています。

入力されていたコードは
01276 ABSハイドロリックポンプ(V64)
回路の電気的故障

こちらが入力されていました。

エンジンルーム左側にあるABSユニットを外します。

外したところです。
こちらをO/Hします。

取り外す前に、4輪のブレーキキャリパーからブレーキオイルを全て抜き取って作業すれば、ABSユニットのパイプからブレーキオイルが漏れることがないので、綺麗な作業ができます。

修理後故障コードを消去して全て緑の正常値になりました。


BMW E90 ABS修理 2018/5/8

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E90 ABS修理

BMW E90 ABS修理でご来店です。

BMW ABS

お客様が基盤の部分を車両についた状態でふたを開けられて、接点復活剤を塗ったのですが症状が改善されず弊社にご依頼していただきました。
基盤部分をチェックしたのですが、開けた時に傷などをつけなかったようで修理で対応できました。

(チャレンジしてみるお客様も中にはいらっしゃいますが、基盤を壊してしまい修復不能のケースが多いので注意してください)

ABSユニットを取り外した後です。
今回のお車はブレーキパイプを外した時にオイルが結構垂れてきてしまいました。
ABSを外した時に通常は、マスターシリンダーのリザーバータンク内のブレーキオイルを抜くだけで下に垂れるほど漏れない

Ateのブレーキ圧送機でエア抜きをします。
『ABSを取り外した後のエア抜き方法は?』
の質問をよくいただきます。

ベストな方法は、以下の3つです。
1、圧送機で圧をかけながらエア抜きをする
2、診断機のABSポンプ強制回しでエア抜きする
3、エアーを使ったバキュームでエア抜き

4、通常のフットブレーキを踏むやり方(なかなか抜けないのでマスターシリンダーのシールを痛める恐れあり)

リザーバータンクから圧をかけて抜いています。

エアが抜けてきています。
4輪全てのブリーダーからエアを抜きます。

圧送機を使うと正確に抜けるのと、時短にも約10/1

圧送機を使うと、車にも優しいのは当たり前で時間短縮にもなります。
エアが抜けにくい、BMW Z4やアウディTT、VWなどは圧送機がないと時間がかかってしまうのもありますが、数百回とブレーキペダルを踏むためにマスターシリンダーのシールを傷めてしまう可能性もあるので、圧送機をお勧めいたします。


BMW E90 ABS修理 石川県からご来店

BMW E90 ABS修理

BMW E90 ABS修理で石川県からご来店していただきました。
休憩時間をとりながら約8時間できていただきました。
K様遠くからありがとうございました。

点灯していたABSの故障ランプです。

センターのモニターにも表示されていました。

故障コードを読み取ると、スピードセンサーの故障とDSCユニットの通信不良、認識していないためにランプが点灯していることがわかります。

51AD DSCトランスミッター
CF1E DSCからのメッセージなし
CF1B DSCからのメッセージなし
A118 CAS車速信号正常でない
A0B5 CAS車速信号エラー
5E5D DSCブレーキ液レベル

CF1A DSCからのメッセージなし
CF19 DSCからのメッセージなし

基盤の修正で対応

続きを読む »


BMW E90 ABS修理 福井県からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E90 ABS修理で福井県からご来店していただきました。遠いところありがとうございました。
写真はBMW純正のガソリン添加剤です。お写真と簡単なレビューをいただければプレゼントキャンペーン中です。

入力されていた故障コードです。
5DF0 ポンプモーター
5DF1 ポンプモーターコネクター

ABSユニットを外します。

ブレーキリザーブタンク内のブレーキオイルを抜き取ればブレーキパイプを緩めてもほとんどブレーキオイルは垂れて来ませんが一応ウエスを引いておくと良いでしょう

こちらを修理します

続きを読む »


BMW MINI ABS修理 2018-4-17

BMW MINI ABS

BMW MINI ABSランプ点灯で業者様からご依頼していただきました。

MINIのABSユニットは助手席前に装着されています。

BMW MiniのABSユニットは修理で対応できないために部品交換で対応します。

ASCとDSCの2種類があります。
DSCユニットの方がASCに比べ管理しているシステムが多いのでお値段も高いです。

基盤の部分の交換でほぼ解決!!

故障コードによってですが、ABSユニットの基盤の部分だけの交換でほぼ解決できます。
本体ASSYの交換では弊社でも部品代金だけで27万ほどかかってしまうのですが、基盤の部分だけだと工賃、コーディングも含め24万円ほでで解決できております。
モーター側はほぼ壊れないのでBMW MINIに関してはほぼ必要なさそうです。


BMW Z4 ABS修理 栃木県からご来店

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW Z4 ABS修理

BMW Z4 ABS修理で栃木県からご来店していただきました。

点灯していた警告ランプです。ABS、DSC

今回ABS関連で入力されていたコードです。

5E1F DSCコントロールユニット車体番号が正常でない → 修理後、コーディング、設定で解決
5DF7 DSCシャシ電装回路が高すぎる→DSCユニットの基盤修理で対応
5DF1 DSCハイドロリックユニット:ポンプモーターコネクター→DSCユニットの修理で対応
5DF0 DSCハイドロリックポンプ→ DSCユニットの修理で対応
5DF4 DSCバッテリー電圧が低すぎる→ バッテリーが弱いだけ

続きを読む »


BMW E46 ABS修理 2018-4-13

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E46 ABS修理

BMW E46 ABS修理でご来店していただきました。

点灯していた故障ランプです。
ABS、ASCが点灯しているます。

ディーらさんのメカニックの方が『ブレーキは効きますよ』とお客様にお伝えになり、1年ほどランプ点灯のまま乗っていらっしゃいました。
ABSの機能、ASCの機能の説明をさせていただいてこのままだと危険と説明させていただき作業させていただくことになりました。

ABSユニットの場所はボンネットを開けて車の左側の前この位置にあります。

エアコンフィルターや、カバー類を外してABSにアクセスします。

電源カプラーを外します。
固着している場合はマイナスドライバーを使って外します。

続きを読む »


VW シロッコ ABS修理の紹介 リコール作業だけではABSは治らない??

VW シロッコ ABS修理

VW シロッコ ABS修理で販売店様からのご依頼

点灯していた故障ランプがこちらです。
今年の2月から法改正でランプ類の点灯している車は車検に通らなくなりました。

ブレーキ系統の故障診断をしていきます。

入力されていた故障コードです。

01276 ABSハイドロポンプV64→ポンプの故障O/Hで対応
01130 ABS作動当てはまらない信号→基盤交換(リコール対象)

今回の車両は基盤部分がリコール対象だったので、ポンプの部分だけO/Hします。

続きを読む »


BMW E63 M6 ABS修理 2018-4-4

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW M6 E63 ABS修理

BMW M6 E63 ABS修理で業者様からのご依頼です。お車の写真を撮り忘れたのでこんな写真ですが、、、奥の方でリフトであげている車両になります。

入力されていたコードがこちらになります。
5DF0 DSCハイドロリックユニットポンプモーター
5DF1 DSCハイドロリックユニットモーターコネクター

BMW ABSランプ

点灯していた故障ランプです。
ABS、DSC、エンジンチェック

E60系のABSユニットは左のタイヤハウスを外して取り外します。

続きを読む »


 
お支払いについて
お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換・がご利用いただけます。
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせ先
ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
電話受付時間 AM 10:00~PM 19:00
ABSユニット修理のお店 Jスクエア 
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601

店舗連絡先: 045-511-7418 FAX 045-511-7419
      神奈川県公安委員会 弟451340002968号
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
配送について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。

ご注文確認(前払いご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。
[時間指定]
下記、各時間帯からご選択いただけます。

電子部品修理 送付先

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
株式会社 Jスクエア
個人情報の厳守
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
またカード決済はSSLに対応しておりますのでクレジットカードの
ナンバーなどは暗号化して送信されます。安心してお買い物をお楽しみください。


トップページ会社紹介特定商取引法表示個人情報保護ポリシーお問い合わせ

▲Page Top